ホームページ タイトル
本文へジャンプ
高年齢の方、お子さん、スポーツ選手


ポキポキ関節を鳴らしながら矯正する方法だけが
カイロプラクティックではありません。筋・骨格の
バランスを整えれば体の持つ自然治癒能力が
最大限に発揮されます。その目的のために様々な
テクニックを使って施術を行ないます。
 生後3ヶ月から100歳近くの方、スポーツ選手から
妊婦さんまで、経験を活かし皆さんに適した対応を
いたします。

 高年齢の方 − 骨粗しょう症などで骨がもろくなっている可能性や内臓の問題、他の病気が併発している場合がありますので、
やさしいストレッチをかけるような、ソフトなテクニックを使います。
カイロプラクティックは寝たきりの状態にならないように予防的な効果も期待できます。

 お子さんへ − 多くの場合、大人に比べ早く効果的な結果が期待されます。痛みがひざ、肩、腰などにある場合、ご両親の目の前で痛みの低下や消失が確認される場合が多くあります。(私の経験において)
しかし、大人より簡単に施術ができるように思われがちですが、実際には、大人の施術よりバランスをあわせるのが難しい場合がほとんどです。でなければ、子供が痛みを訴えることなどありなせん。ソフトなテクニックで正確な施術を心がけています。

スポーツ選手など − 様々なスポーツにおける、世界レベルの選手やプロ選手を沢山お手伝いしてまいりました。テレビのオリンピックの開会式行進などで、自分が施術してきた選手さん達が結構いるので驚くこともありました。
 私はスポーツトレーナーのように、それぞれの種目に合わせたアドバイスや治療はできません。しかし、もともと彼ら有名スポーツ選手は優秀な成績を残せる能力があるのですから、彼らをスランプから脱出させる事が私の仕事と考えています。
余計なことはせず、選手の体をもともとのバランスに正確に戻すだけです。そうすれば、自然に回復していきます。
  特に彼らは自分の体のことがよくわかっていて、必要な時に必要なだけ、上手にわたしを利用していました。
たとえば、器械体操ワールドチャンピオンシップ鉄棒で世界一になった
ペガン選手(技に名前がついている選手)を10年近くお世話してきましたが、定期的な施術を行なっていました。
それと対照的に、スキーでオリンピック4回出場、銅メダリストのユーレ コシール選手は調子の悪い時にだけお越しでした。


イメージ