院長写真

 

東堂安祐(とうどうやすひろ)と申します。

1993年に米国パーマー カイロプラクティック大学を卒業し、
米国における国家資格を得て正規のドクター オブ  カイロプラクティック となりました。 

 国家資格を得たとは言え、頭デッカチなだけのドクター1年生、
多くの治療経験がなくては患者さまを効果的に治せません。
 そこで、沢山の臨床経験が得られるヨーロッパのクロアチアからの求人に応募しました。
当時, クロアチアは戦争をしていましたが私の勤めていたリエカの街はイタリアの国境から近く、実際の戦闘はありませんでしたので、毎日120人以上の患者さまの治療に集中することができました。しかし、1年半も過ぎたころ、戦況の変化によって北にある隣国のスロベニアへ移ることにしました。
 北にオーストリア、西にイタリア、東にハンガリーという立地のスロベニアは戦争もなく、
美しいアルプスとアドリア海に面した平和で経済的にも豊かなとても過ごしやすい国でした。
そこで毎日50~100人の患者さまを治療することができました。診療数では一般のカイロプラクターが一生に診る数倍の経験が得られたと思います。
 もちろん、治せない患者さまもたくさんおられました。しかし、臨床数が多いため、同じような状態や症状で治せないケースをタイプ別に分析するチャンスに恵まれていましたので、1人を治せると他の治せなかった同じタイプの患者さまも治せると言った経験を積み重ねることができました。
 
今日までの修行で得たものを用いて、皆様のお役に立てればと思います。